クリクラママの水はどこの水なのか?

クリクラは、日本全国に営業所が存在していて、全てのクリクラの水が”RO膜でろ過”して、後から人工的にミネラルをマニュアル通り同じだけ加えた水なので、正直なところ元の水は日本全国のクリクラ各工場が取水可能な水、ということになります。

RO膜でろ過するため、極端な話、水道水でも天然水でも深層水でも、最終的にはミネラル分や不純物がほとんど含まれない、単なる「H2O」になるからです。

例えばの話ですが、西日本では水道水をRO膜でろ過し、関東では天然水をRO膜でろ過している、という事も可能です。

RO膜を通してできあがる水は、結局一緒ですからね。

クリクラは水道水をろ過しているということなので、日本全国のクリクラ(クリクラママも含め)の水の”元となっている水”は水道水、ということになります。


ただし、水道水では各地で全く成分が違いますよね?

だからクリクラの水になる前の、元の水である水道水は、各地のクリクラ工場によって違う、というのが真実でしょう。

でもたとえどんな水でも、RO膜を通す事で不純物を全く含まない、ただの「H2O」になるのですから、どこの水でも最終的なものは日本全国のクリクラで同じものができあがる、ということです。


これがクリクラ(クリクラママ)の最大の特徴で、取水地によって味や成分の違いを楽しめる天然水ウォーターサーバーと違い、クリクラは日本全国どこでも全く同じ成分と味のものができあがっている、という事です。

宅配水のクリクラ