赤ちゃんのミルクを作るのに、水道水を煮沸したものを使っていると思います。

おそらく、特に大きな問題はないんです。

取水環境に何らかの問題が発生しないかぎりは・・・


どういう事かというと、水道水はあくまでもその地域地域で取水した水を、浄水場で飲料可能にきれいにしたものです。

したがって、地域によっては”汚れ具合”や”含有ミネラル”も違いますから、全国一律同じものではありません。


煮沸すれば、塩素などは飛んでしまうので問題ないのですが、自然界に含まれている放射性物質まではなくなりません。


それでも、赤ちゃんのミルクに使うのに重大な支障はないのですが、例えばあなたの済んでいる地域の工場から、汚染物質が流れ出ていたとしたら・・・?


定期的に水道水の水質は点検していますが、有害物質が混ざっていたとしても、その瞬間からお宅の水道水の蛇口がシャットアウトされるわけではありません。


近年、不法投棄などの問題も出てきていますが、あれは氷山の一角でしょう。

日本中の山や川のふもとには、何なのかわからないようなゴミが不法投棄されているのを見かけた事がありませんか?


それに、もしあなたの地域の水道局が隠蔽体質の企業だとしたら?

おそらく、知らないうちにとんでもない水を家庭まで送られていることだって、ないとは言えません。


さらに、どんなにきれいな水を水道局が作り上げて送水してきたとしても、あなたの家の水道管が汚れていたら?


このように、水道水には心配事がたくさんあると思いませんか?


普段は心配事だらけじゃまともに生活できないと、無意識に”知らなかったこと””見てなかったこと”で済ましていますが、これが抵抗力の全くない赤ちゃんに飲ませるミルクを作るとなったら?

大人が飲む分には無視できても、赤ちゃんのミルクを作る時には誰しも神経質にならざるを得ないでしょう。


ミネラルウォーターが売れている理由がわかると思います。

もちろん、ミネラルウォーターを購入し続けるとなると、年間で結構な金額になりますし、取水地汲み上げ型のミネラルウォーターは、汲み上げたそのままのおいしさを楽しめる反面、安全面では100%ではありません。


赤ちゃんのミルクを作る水は、100%安全・安心なものを使いたいと思うはずです。


クリクラの水は、どんな水も単なる純粋な「H2O」にしてしまう、逆浸透膜(RO膜)を使ってろ過しています。

体に影響がない微量な放射性物質すら、ろ過してしまいます。


その純粋な「H2O」に、味付けのために多少のミネラルを加えた、過剰なほど安全な水です。


何かあってからでは遅いですし、誰を訴えようが後悔は消えません。
せめて、赤ちゃんのミルクには、過剰なほど安全な水を使って欲しいと思います。

1歳以下の赤ちゃんがいる、または現在妊娠中のプレママには、クリクラがやっている”大変お得”なクリクラママがオススメです。

⇒ ママ・プレママ応援プロジェクト