クリクラママは、いわゆるクリクラのキャンペーンなので、実際はクリクラそのもの。

クリクラよりも(随分と)お得なキャンペーンがクリクラママというだけなので、ここからはクリクラとして話をしていきます。


⇒ 宅配水のクリクラ



クリクラの水の安全性ですが、クリクラは平成21年5月、宅配水業界では初めての「HACCA」(Hazard Analysis and Critical Control Point )認証を取得しています。


「HACCA」は、総合衛生仮製造過程という意味ですが、HACCPの認証を取得するためには、厳しい衛生管理を厳守しつづけることが条件です。


クリクラは”住之江プラント”で製造製造されていますが、徹底した衛生管理をしているがゆえ、HACCAの認証を受けているということが、安心・安全であるという証でもあります。



ガロンエコボトルは衛生に不安があるのでは?


クリクラは、使い回す頑丈な12Lのガロンボトルタイプを使用しています。


カラの容器を保管しておくスペースが必要なのが不便ですが、ゴミが出ないためエコなシステムです。


実際、使い捨てのフィルムタイプの場合、宅配された状態だと段ボールで配送されるため、かなりゴミがかさばる事で後悔する人が多いようです。



⇒ 宅配水のクリクラ




ところでガロンボトルタイプは、水が本体タンクに入るときに「ボコボコボコ」という音とともにボトル内に空気が入るのですが、この際に空気中の細菌・ウィルス・カビ菌などの混入が心配になりませんか?



実はクリクラのサーバー本体には、高性能フィルターである「HEPAフィルター」が採用されているため、雑菌・ウィルス・カビ菌など、空気中の不純物を99.97%除去しています。


HEPAフィルターそのものは、年に1度のサーバーメンテナンスの時に新品となるので、また1年安心して使用できますから衛生面では全く問題ありません。



アメリカNASAでも、宇宙開発用に利用されている逆浸透膜(RO膜)を利用したろ過システムといい、HACCAの認証を受けている工場での製造といい、クリクラの水が、ボトルウォーターサーバーとして売り上げ1位である理由は安さだけでなく、赤ちゃんにも安心して与えられる安全・安心な水である、ということが要因です。



クリクラは当然として、現在妊娠中であるまたは、1歳以下の赤ちゃんがご家庭にいらっしゃるなら、ぜひ安心・安全でランニングコストが安いクリクラの水を、ぐーんとお得に”お試し”できるクリクラママキャンペーンを利用してみてはいかがでしょうか?

⇒ クリクラママになろう!