赤ちゃんのミルクに使いたい、でも水道水は煮沸しても塩素しか飛ばないし、ウォーターサーバーを導入したいけど、結局のところどのウォーターサーバーが良いのか未だに迷ってる・・・

そんなあなたに、赤ちゃんの健康のために大切な情報をご紹介します。


⇒ クリクラママになろう!


まず、放射線については、正しい理解が必要でしょう。

というのも、放射線というのは、自然界の岩石などからも常時放出されていますし、地球上に生活している限りは、人は常に放射線は浴びてます。


もちろん、平均すれば2.4ミリシーベルト/年(地域によって差はあります)という微量な放射線ですから、健康には全く問題ないとされていますが。

「放射線」という言葉の響きに、あまりにも右往左往されすぎな感があります。


ただ、ウォーターサーバーを導入するにあたり、大人のあなたがコーヒーを飲んだり、焼酎のお湯割りを楽しむ分には正直、天然水だろうがRO水だろうが、どちらでも大丈夫です。
水道水に比べれば、どちらも格段においしいですから。


ただ、赤ちゃんはどうでしょうか?

赤ちゃんは、体も小さく、各器官も未発達ですから、環境からの抵抗力においてはほぼ”無力”に近いと思って良いでしょう。

子供はある程度大きくなってからは、逆に色々な添加物を食べた方が抵抗力が強くなって丈夫な体になる可能性がありますが、赤ちゃんのうちは極力、余計な刺激は必要ありません。


大人にとって影響力がない程度の放射線でも、はたして赤ちゃんにとっても何の影響もない、と言い切れるでしょうか?


⇒ クリクラママになろう!


放射線が問題なのは、体を作る設計図であるDNAの配列を壊すほどの破壊力を持っている事です。

設計図が書き換えられて違うものになったら、それがすなわちガンと呼ばれる細胞となります。



もちろん、赤ちゃんにだって遺伝子に異常が起きた場合は、大人同様に2重の復活機能が働きます。

DNA配列を元に戻そうとする機能と、最悪の場合は異常の起きた細胞の活動を停めてしまう機能です。

「細胞の自殺」機能ですね。赤ちゃんにだって備わっているんです。



でも、そういった細胞異常があまりにも多いと対処しきれなくなり、ガンに発展するわけですから、赤ちゃんのように元々の抵抗力が低い存在には、放射線に対しては親が気をつかってあげるべきではないでしょうか。


天然水は確かにおいしいです。
でも、自然界の放射線物質もそのまま汲み上げてしまいます。

大人には健康に全く影響は無い程度、と言われていますが、初めから放射性物質が入っている事をわかったうえで抵抗力の無い赤ちゃんに飲ませるのは、やはり危険が大きすぎると思いますし、安全だと言われても、わざわざあなたの赤ちゃんで試す必要なんかありません。

放射線は、体内に溜まり続けて後々、体に悪影響を及ぼす存在です。
見えないけれど誰もが恐れている理由はそこですから。


クリクラの水は、逆浸透膜(RO膜)によって、ほとんど何の混ざり物もない、単なる純水(H2O)に加工されます。

もちろん、放射線がゼロというわけにはいかないでしょうが、そのまま汲み上げた天然水に比べれば格段に安全・安心な水ができあがります。


⇒ クリクラママになろう!


生活している限り、赤ちゃんといえども放射線ゼロの環境で育てられるわけではありません。

が、あえて自然界の放射線物質も含まれているとわかっている天然水で我が子のミルクを作りたいですか?


せめて、毎日飲ませてあげるミルクだけでも、放射線物質が無いとわかっている水で作ってあげるほうがよくないでしょうか?

大きく育った後は、おいしさを求めていろいろな天然水を探してみるのもいいかもしれませんが、多くの人が天然水を探し求めてさまよったあげく、結局はクリクラに戻ってきているという事実が、なぜクリクラ?の答えになっているのではないかと思います。

ちなみに私も天然水サーバーを色々と飲んでみましたが、味と安定性とランニングコストを考えたら、この先ずっとクリクラでいいと思っていますし、親しい友人には必ずクリクラをすすめています。

赤ちゃんに飲ませてあげるなら、クリクラがベストな選択だということです。

その中でも、クリクラママというキャンペーンはクリクラをお得に試せるんですよ。

⇒ ママ・プレママ応援プロジェクト