赤ちゃんにはクリクラが良いその理由とはのカテゴリ記事一覧

  • ホーム
  • »
  • 赤ちゃんにはクリクラが良いその理由とは

カテゴリ:赤ちゃんにはクリクラが良いその理由とは

赤ちゃんにはクリクラが良いその理由とはのカテゴリ記事一覧。クリクラママの口コミ情報をご紹介。妊婦さんはクリクラじゃなきゃダメな理由がここにありますよ〜。

赤ちゃんにはクリクラが良いその理由とは
赤ちゃんが生まれると、どうしてもミルク選びは必要になってきますよね?粉ミルクを選ぶとき、お世話になった産院で使っているものを選んでいませんか?産院で使っている…

記事を読む

赤ちゃんにはクリクラが良いその理由とは
赤ちゃんのミルクに使いたい、でも水道水は煮沸しても塩素しか飛ばないし、ウォーターサーバーを導入したいけど、結局のところどのウォーターサーバーが良いのか未だに迷…

記事を読む

赤ちゃんにはクリクラが良いその理由とは
赤ちゃんのミルクを作るのに、水道水を煮沸したものを使っていると思います。おそらく、特に大きな問題はないんです。取水環境に何らかの問題が発生しないかぎりは・・…

記事を読む

赤ちゃんのミルク選びを間違っていませんか?誰も知らない粉ミルクの真相


赤ちゃんが生まれると、どうしてもミルク選びは必要になってきますよね?

粉ミルクを選ぶとき、お世話になった産院で使っているものを選んでいませんか?

産院で使っているくらいだから、このミルクは良いものだ、と思ってしまいがちなのですが、実は産院視点から見ればどこのミルクでもいいんです(笑)。

どういうことかというと、あなたが赤ちゃんを産んだ産院で使っているミルクは、たまたまそのミルクのメーカーの営業マンがやってきて、院長に使って欲しい、と言って産院にタダで使ってもらっているミルクだというだけなんですよ。


アイクレオという高価なミルクをご存じでしょうか?

アイクレオはやたらとバカ高いので、さぞかし成分がいいのでは?と思いがちですが、そうではありません。

実は粉ミルクは厚生労働省の指導基準によって製造されているので、どこのメーカーも基準内の成分でしか作っていません。


つまり、アイクレオも、アイクレオの半額で買える森永も、中身はほとんど一緒だということです。

アイクレオは母乳に最も近いと言われていますが、それも微々たる成分の差ですから、価格に見合うかというとそれは「?」ですね。

あ、別にアイクレオに対して恨みとかはないですから (^_^;)


確かにメーカーによっては多少の成分の差はあるようですが、今はどの粉ミルクにもオリゴ糖もちゃんと配合されていますし、ここのメーカーが特に便秘によい、なんて差もないです。


ではなぜ上記のようにメーカーによって価格に差が出るのかというと、粉ミルクはテレビCMなどの広告が禁止されているため、ママさん達にアピールする機会がないんです。

粉ミルクのテレビCM、近年では観たことないでしょ?

じゃあメーカーはどうやって自社製品をアピールするかというと、産院に無料で提供して使ってもらう事で、ママ達の目に触れる機会を作っているわけです。

産院に無料提供している分、一般のお店に並んだ時にはその分の額は上乗せされてしまうというわけです。


産院からすれば、タダで粉ミルクが手に入っているわけで、じゃあその産院で使っているミルクと同じものを産院がおすすめするか?というと、そこまでしてメーカーの片棒を担ぐ義理もないわけです。

だって、どこの粉ミルクも同じような成分でできている事、産院はみな知っているわけですから。

だからあなたが赤ちゃんを産んだ産院で使っているミルクが特に良い物なのか?といわれると、いやお好きなミルクを使われていいんじゃないですか、と言われると思います。


そういう意味では、和光堂のミルクはおすすめです。

和光堂は産院に営業マンを行かせていないのでしょう、他のメーカーに比べると安いです。

(和光堂の回し者ではありませんのでご安心を(笑))

でも最初に言ったように、厚生労働省の基準で全ての粉ミルクは作られているので、中身は一緒です。



ただし、赤ちゃんによっては味の好みがあるのか、飲んでくれるメーカーと受け付けないメーカーのものがあるというのはよく聞く話なので、値段云々よりもいろいろと試してみるのがいいかもしれませんよ。

もちろん、クリクラでミルクを作ればどこのメーカーのミルクでも安心して飲ませられる事に変わりはありません。

1歳以下の赤ちゃんがいるなら、間違いなくこの超お得なキャンペーンは利用してくださいね。

CMなどは一切やっていないため、こちらのサイトからしか申し込めませんのであしからず。

⇒ ママ・プレママ応援プロジェクト





放射線物質とわかっていて赤ちゃんに飲ませられますか?



赤ちゃんのミルクに使いたい、でも水道水は煮沸しても塩素しか飛ばないし、ウォーターサーバーを導入したいけど、結局のところどのウォーターサーバーが良いのか未だに迷ってる・・・

そんなあなたに、赤ちゃんの健康のために大切な情報をご紹介します。


⇒ クリクラママになろう!


まず、放射線については、正しい理解が必要でしょう。

というのも、放射線というのは、自然界の岩石などからも常時放出されていますし、地球上に生活している限りは、人は常に放射線は浴びてます。


もちろん、平均すれば2.4ミリシーベルト/年(地域によって差はあります)という微量な放射線ですから、健康には全く問題ないとされていますが。

「放射線」という言葉の響きに、あまりにも右往左往されすぎな感があります。


ただ、ウォーターサーバーを導入するにあたり、大人のあなたがコーヒーを飲んだり、焼酎のお湯割りを楽しむ分には正直、天然水だろうがRO水だろうが、どちらでも大丈夫です。
水道水に比べれば、どちらも格段においしいですから。


ただ、赤ちゃんはどうでしょうか?

赤ちゃんは、体も小さく、各器官も未発達ですから、環境からの抵抗力においてはほぼ”無力”に近いと思って良いでしょう。

子供はある程度大きくなってからは、逆に色々な添加物を食べた方が抵抗力が強くなって丈夫な体になる可能性がありますが、赤ちゃんのうちは極力、余計な刺激は必要ありません。


大人にとって影響力がない程度の放射線でも、はたして赤ちゃんにとっても何の影響もない、と言い切れるでしょうか?


⇒ クリクラママになろう!


放射線が問題なのは、体を作る設計図であるDNAの配列を壊すほどの破壊力を持っている事です。

設計図が書き換えられて違うものになったら、それがすなわちガンと呼ばれる細胞となります。



もちろん、赤ちゃんにだって遺伝子に異常が起きた場合は、大人同様に2重の復活機能が働きます。

DNA配列を元に戻そうとする機能と、最悪の場合は異常の起きた細胞の活動を停めてしまう機能です。

「細胞の自殺」機能ですね。赤ちゃんにだって備わっているんです。



でも、そういった細胞異常があまりにも多いと対処しきれなくなり、ガンに発展するわけですから、赤ちゃんのように元々の抵抗力が低い存在には、放射線に対しては親が気をつかってあげるべきではないでしょうか。


天然水は確かにおいしいです。
でも、自然界の放射線物質もそのまま汲み上げてしまいます。

大人には健康に全く影響は無い程度、と言われていますが、初めから放射性物質が入っている事をわかったうえで抵抗力の無い赤ちゃんに飲ませるのは、やはり危険が大きすぎると思いますし、安全だと言われても、わざわざあなたの赤ちゃんで試す必要なんかありません。

放射線は、体内に溜まり続けて後々、体に悪影響を及ぼす存在です。
見えないけれど誰もが恐れている理由はそこですから。


クリクラの水は、逆浸透膜(RO膜)によって、ほとんど何の混ざり物もない、単なる純水(H2O)に加工されます。

もちろん、放射線がゼロというわけにはいかないでしょうが、そのまま汲み上げた天然水に比べれば格段に安全・安心な水ができあがります。


⇒ クリクラママになろう!


生活している限り、赤ちゃんといえども放射線ゼロの環境で育てられるわけではありません。

が、あえて自然界の放射線物質も含まれているとわかっている天然水で我が子のミルクを作りたいですか?


せめて、毎日飲ませてあげるミルクだけでも、放射線物質が無いとわかっている水で作ってあげるほうがよくないでしょうか?

大きく育った後は、おいしさを求めていろいろな天然水を探してみるのもいいかもしれませんが、多くの人が天然水を探し求めてさまよったあげく、結局はクリクラに戻ってきているという事実が、なぜクリクラ?の答えになっているのではないかと思います。

ちなみに私も天然水サーバーを色々と飲んでみましたが、味と安定性とランニングコストを考えたら、この先ずっとクリクラでいいと思っていますし、親しい友人には必ずクリクラをすすめています。

赤ちゃんに飲ませてあげるなら、クリクラがベストな選択だということです。

その中でも、クリクラママというキャンペーンはクリクラをお得に試せるんですよ。

⇒ ママ・プレママ応援プロジェクト





赤ちゃんのミルクに水道水を使っても大丈夫?


赤ちゃんのミルクを作るのに、水道水を煮沸したものを使っていると思います。

おそらく、特に大きな問題はないんです。

取水環境に何らかの問題が発生しないかぎりは・・・


どういう事かというと、水道水はあくまでもその地域地域で取水した水を、浄水場で飲料可能にきれいにしたものです。

したがって、地域によっては”汚れ具合”や”含有ミネラル”も違いますから、全国一律同じものではありません。


煮沸すれば、塩素などは飛んでしまうので問題ないのですが、自然界に含まれている放射性物質まではなくなりません。


それでも、赤ちゃんのミルクに使うのに重大な支障はないのですが、例えばあなたの済んでいる地域の工場から、汚染物質が流れ出ていたとしたら・・・?


定期的に水道水の水質は点検していますが、有害物質が混ざっていたとしても、その瞬間からお宅の水道水の蛇口がシャットアウトされるわけではありません。


近年、不法投棄などの問題も出てきていますが、あれは氷山の一角でしょう。

日本中の山や川のふもとには、何なのかわからないようなゴミが不法投棄されているのを見かけた事がありませんか?


それに、もしあなたの地域の水道局が隠蔽体質の企業だとしたら?

おそらく、知らないうちにとんでもない水を家庭まで送られていることだって、ないとは言えません。


さらに、どんなにきれいな水を水道局が作り上げて送水してきたとしても、あなたの家の水道管が汚れていたら?


このように、水道水には心配事がたくさんあると思いませんか?


普段は心配事だらけじゃまともに生活できないと、無意識に”知らなかったこと””見てなかったこと”で済ましていますが、これが抵抗力の全くない赤ちゃんに飲ませるミルクを作るとなったら?

大人が飲む分には無視できても、赤ちゃんのミルクを作る時には誰しも神経質にならざるを得ないでしょう。


ミネラルウォーターが売れている理由がわかると思います。

もちろん、ミネラルウォーターを購入し続けるとなると、年間で結構な金額になりますし、取水地汲み上げ型のミネラルウォーターは、汲み上げたそのままのおいしさを楽しめる反面、安全面では100%ではありません。


赤ちゃんのミルクを作る水は、100%安全・安心なものを使いたいと思うはずです。


クリクラの水は、どんな水も単なる純粋な「H2O」にしてしまう、逆浸透膜(RO膜)を使ってろ過しています。

体に影響がない微量な放射性物質すら、ろ過してしまいます。


その純粋な「H2O」に、味付けのために多少のミネラルを加えた、過剰なほど安全な水です。


何かあってからでは遅いですし、誰を訴えようが後悔は消えません。
せめて、赤ちゃんのミルクには、過剰なほど安全な水を使って欲しいと思います。

1歳以下の赤ちゃんがいる、または現在妊娠中のプレママには、クリクラがやっている”大変お得”なクリクラママがオススメです。

⇒ ママ・プレママ応援プロジェクト



クリクラママになろう!
クリクラ
カテゴリ
リンク集
検索
 
タグクラウド
Copyright © クリクラママの口コミ:クリクラママって・・・なに? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブライダルネットで婚活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。