クリクラママはどこの水なの?のカテゴリ記事一覧

  • ホーム
  • »
  • クリクラママはどこの水なの?

カテゴリ:クリクラママはどこの水なの?

クリクラママはどこの水なの?のカテゴリ記事一覧。クリクラママの口コミ情報をご紹介。妊婦さんはクリクラじゃなきゃダメな理由がここにありますよ〜。

クリクラママはどこの水なの?
クリクラママの水はどこの水なのか?クリクラは、日本全国に営業所が存在していて、全てのクリクラの水が”RO膜でろ過”して、後から人工的にミネラルをマニュアル通り同…

記事を読む

クリクラママはどこの水なの?
クリクラママの水は、水道水をRO膜という特殊な膜で完全ろ過した水です。天然水のように、○○地方のわき水とかではありません。従って、クリクラママの水は1年中、安定…

記事を読む

クリクラママはどこの水?水道水?天然水?深層水?

クリクラママの水はどこの水なのか?

クリクラは、日本全国に営業所が存在していて、全てのクリクラの水が”RO膜でろ過”して、後から人工的にミネラルをマニュアル通り同じだけ加えた水なので、正直なところ元の水は日本全国のクリクラ各工場が取水可能な水、ということになります。

RO膜でろ過するため、極端な話、水道水でも天然水でも深層水でも、最終的にはミネラル分や不純物がほとんど含まれない、単なる「H2O」になるからです。

例えばの話ですが、西日本では水道水をRO膜でろ過し、関東では天然水をRO膜でろ過している、という事も可能です。

RO膜を通してできあがる水は、結局一緒ですからね。

クリクラは水道水をろ過しているということなので、日本全国のクリクラ(クリクラママも含め)の水の”元となっている水”は水道水、ということになります。


ただし、水道水では各地で全く成分が違いますよね?

だからクリクラの水になる前の、元の水である水道水は、各地のクリクラ工場によって違う、というのが真実でしょう。

でもたとえどんな水でも、RO膜を通す事で不純物を全く含まない、ただの「H2O」になるのですから、どこの水でも最終的なものは日本全国のクリクラで同じものができあがる、ということです。


これがクリクラ(クリクラママ)の最大の特徴で、取水地によって味や成分の違いを楽しめる天然水ウォーターサーバーと違い、クリクラは日本全国どこでも全く同じ成分と味のものができあがっている、という事です。

宅配水のクリクラ



クリクラママ(クリクラ)の水はどこの水?


クリクラママの水は、水道水をRO膜という特殊な膜で完全ろ過した水です。

天然水のように、○○地方のわき水とかではありません。

従って、クリクラママの水は1年中、安定した味安全性が確保されているというわけです。

だからクリクラママの水は、赤ちゃんのミルクにすら使えるんです。


ちなみに、RO膜というのは特殊な膜で、一般的な浄水器でもろ過しきれないほどの(0.0001ミクロン)小さな穴を、時間をかけて通してろ過して作っている水なんです。


ウォーターサーバーは、ほとんどが”わき水”のような天然水ですよね。

天然水って、地下水を自然の岩盤とかがろ過していて、その分ミネラル分が豊富なので、味そのものは天然水のほうが魅力があると思います。

ただ、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんや、赤ちゃんのミルクに使うのはNGなんです。

多少のミネラル分程度なら許容範囲ですが、硬水に近いほどのミネラル分は、抵抗力の弱っている妊婦さんやそもそも体に抵抗力のない赤ちゃんに与えるべきではないでしょう。

それに、天然水は「天然」という言葉からもわかるとおり、自然界の放射性物質なども微量とはいえ含まれている可能性があるんです。


クリクラママの水は、安全性の高い水道水を更にRO膜でろ過し、そこに味をととのえる程度のミネラルを人工的に加えているだけ。

だから安心して赤ちゃんのミルクにも使えますし、料理に使っても料理の味を変えることはありません。

もちろん、コーヒーやカップラーメンなんかの味にも影響しない、そういう水なんですよ。


大人が”水の味”にこだわるのであれば、天然水をオススメします。

妊婦さんや赤ちゃんのミルクに使ったり、料理の味に影響を与えたくない人、そして1年を通して”水の安全性”を求める人にはクリクラママの水をオススメします。

クリクラママになろう!
クリクラ
カテゴリ
リンク集
検索
 
タグクラウド
Copyright © クリクラママの口コミ:クリクラママって・・・なに? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブライダルネットで婚活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。