赤ちゃんのミルクに水道水のカテゴリ記事一覧

  • ホーム
  • »
  • 赤ちゃんのミルクに水道水

カテゴリ:赤ちゃんのミルクに水道水

赤ちゃんのミルクに水道水のカテゴリ記事一覧。クリクラママの口コミ情報をご紹介。妊婦さんはクリクラじゃなきゃダメな理由がここにありますよ〜。

赤ちゃんのミルクに水道水
日本の水道水は、ある意味世界一の・・・危険な飲料水日本の水道水は”飲める”ほど水準が高い・・・と言われますが、ここに大きな落とし穴があります。そもそも、なぜ…

記事を読む

赤ちゃんのミルクに水道水
日本の水道水を飲む事は安全?その真実日本は、世界の中でも”水道水を飲む事が可能”な、数少ない国の一つです。世界には、飲料可能な水が水道から出てくる国は13カ国し…

記事を読む

赤ちゃんのミルクに水道水
赤ちゃんのミルクを作るのに、水道水を使うことは良いのか?それとも悪いのか?基本的には、赤ちゃんのミルクを作るのに水道水を使っても大丈夫、だと思います。赤ちゃん…

記事を読む

日本の水道水、その恐ろしい実態


日本の水道水は、ある意味世界一の・・・危険な飲料水

日本の水道水は”飲める”ほど水準が高い・・・と言われますが、ここに大きな落とし穴があります。

そもそも、なぜ日本の水道水は飲料水として”飲める”水なのか?


それは、大腸菌やバクテリアなどを殺菌する成分「塩素」が大量に入っているからなんです。


塩素の毒性は思っているより大きい

欧米諸国では、ほとんどの国で”水道水は飲むものではない”という常識があります。

水道水はあくまでも、洗濯などの洗い物に使ったりするもので、飲むものではないというわけです。

その理由は、塩素が日本の1/10程度しか入っていないから。


欧米では、塩素の害の方を重視します。

塩素は、その強力な殺菌力で、水道水のあらゆる菌を全滅させてしまうほど”毒性”が強いものです。

日本では、水道法によって家庭の蛇口から出る水には、0.1ppm以上(以上というところがポイント)の塩素が含まれていなければなりません。

逆に欧米では、0.1ppm以下でないといけない、と定められています。

それだけ塩素の毒性は大きいのですが、日本では大都市の水道水には1ppm以上の塩素が確認されています。

日本人は、菌のいない水と同時に、強力な毒性のある塩素を一緒に飲んでいる、というわけです。

沸騰させると、塩素は発ガン性物質に変わる

水道水は、沸騰させることで安全な水に変わる・・・これはウソで、逆に沸騰させることで、塩素がトリハロメタンという発ガン性物質に変化します。

沸騰して5分以内の水は、トリハロメタンが大量に発生している最も危険な状態です。

安全な水に・・・というくだりは、おそらく塩素が揮発することで塩素臭(カルキ臭)が抜けるために勘違いしているのだと思います。


発ガン性物質トリハロメタンは、15分〜20分沸騰させなければ全て揮発しません!


うまいぐあいに20分以上沸騰させ、トリハロメタンがほとんどなくなったとしても、水道水に含まれている塩化カルシウムなどのミネラル類も壊れてしまいます。


浄水器や電気ポットには、白い物質がこびりついていますが、あれはカルシウムなどが壊れてポットのへりにこびりついてしまっている跡です。


その状態の水は安全ですが、味がなくまずい水、なります。

さらに、塩素がなくなって殺菌力のなくなった水は、空気中の雑菌の影響を受けるため、早く傷みやすくなります。

湯冷ましの水は、保存が効かないので早めに飲みきる必要がでてきます。

水がきれいなのではなく、塩素がたっぷり含まれているだけ

日本の水道水は、決して世界に比べて水準が高いわけではなく、元々人間が汚した河川を源水として汲み上げるために、毒性が強い塩素を諸外国よりもたくさん投入しているだけなんです。


菌がいるかもしれない水に比べれば、すぐに体に変調が出ないというだけで塩素たっぷりの水のほうがマシ、という考えなのかもしれませんが、そのような水道水で大切な赤ちゃんのミルクを作るのは・・・いかがなものかと。


飲めるから安全・安心・・・という間違った認識は、後々取り返しのつかない事態を招く事も考えられる、と、少し大げさですが考えてしまいませんか?


⇒ クリクラママになろう!





水道水を飲む・・・これでも安全と言えるでしょうか?


日本の水道水を飲む事は安全?その真実

日本は、世界の中でも”水道水を飲む事が可能”な、数少ない国の一つです。


世界には、飲料可能な水が水道から出てくる国は13カ国しかありません


アイスランド・フィンランド・アイルランド・ドイツ・スロベニア・クロアチア・オーストリア・モザンビーク・レソト王国・南アフリカ・ニュージーランド、そして日本です。




では、日本の水道水が飲めるまでに安全といわれるのはなぜか?



それは、塩素(カルキ)をたっぷりと含んでいるからです。
たっぷりの塩素で、消毒をしているから、というのが正解ですね。


⇒ クリクラママになろう!



日本の水道水は、飲む事を目的に定められたのかどうかはわかりませんが、「水道法第22条に基づく水道法施行規則(厚生労働省令)第17条3号によって、


”蛇口における水が、遊離残留塩素を0.1mg/L(結合残留塩素の場合は0.4mg/L)以上保持すること”


という法律があり、それに基づいて水道水には塩素が投入されています。




つまり、家庭の蛇口から出る水には、最低でも1リットルあたり0.1mg以上(1ppm以上)塩素が存在しなければならない、という法律です。


アメリカを含め、欧米諸国では水道水の塩素量は、「0.1ppm以下、または0.05ppm以下」と定められているため、殺菌処理が不十分とされて、だから飲料には適さないんです。

つまり、世界中のほとんどの国では、塩素の毒性の方が問題だといっているわけです



⇒ クリクラママになろう!



水道水を安全に飲むには、とにかく塩素を抜かなければならないでしょう。

そのためには、煮沸することが一番です。煮沸すれば塩素は簡単に抜けます。



ただし煮沸した場合「水道水を安全に飲む」という事について、一つ問題が出てきます



それは、トリハロメタンです。


水道水は、沸騰させると塩素は飛びますが、発ガン性物質であるトリハロメタンは一気に増加します。


煮沸させて5分くらいまでは、トリハロメタンが増え続け、15分〜20分煮沸し続けることでトリハロメタンも消え、安全に飲める水道水へと変わるわけです。



赤ちゃんのミルクを安全に飲める状態にするには、毎回お湯を15分〜20分は沸かさなければ、水道水を安全な状態で飲めるようにはならない、ということです。



毎回、できるでしょうか?



初めから安全なお湯や水が出てくるクリクラを導入したほうが、手間やガス代なども考えると賢い方法だと思いませんか?



特に赤ちゃんがいるご家庭は、3ヶ月もの間クリクラママキャンペーンが無料で利用できますから、結構長い期間考慮する時間ができますし、その間はずいぶんと楽できますよ。



⇒ クリクラママになろう!





赤ちゃんのミルクに水道水を使っても大丈夫なのか?


赤ちゃんのミルクを作るのに、水道水を使うことは良いのか?それとも悪いのか?

基本的には、赤ちゃんのミルクを作るのに水道水を使っても大丈夫、だと思います。

赤ちゃん用の粉ミルクなどは、水道水で作ることを前提にミネラル分などが含まれているものが多いですしね。

確かに、日本のどこの水道水でも、安全上問題があるというのは聞いたことがありませんし。


ただし! ここで重大な疑問が発生します。

水道水は日本全国どこでも同じ品質なのか?

水道がない、井戸水のところはどうすればいいのか?

水道水は、沸騰させると発ガン性物質は逆に増えるが、それでも大丈夫と言えるのか?

赤ちゃんという存在の、身体の抵抗力を考えたことがあるか?


⇒ ママ・プレママ応援プロジェクト



質問者の質問に対し、有志の方達が答えている”悩み解決サイト”などを読んでいると、ずいぶんと残念な答えがベストアンサーなどを得ていることがあります。

例えば、

「赤ちゃんのミルクを作るのに水道水で作っても大丈夫でしょうか?」

という質問に対し、

「大丈夫です。私もそうしてきたし、昔からそうじゃないですか。ミネラルウォーターをわざわざ購入するのはお金の無駄です」

「日本の水は世界一安全。上下水道が整っていない国とはわけがちがいます」

などの答えが返っています。

残念なのは、それらの答えを信じてしまっている質問者の方がいらっしゃるということ。


考えてもみてください。

回答者の人が飲んでいる地域の水道水と、あなたの住んでいる地域の水道水は、品質が全く同じでしょうか?

昔から水道水を使っているから大丈夫?
いえ、今は時代が違い、様々な化学物質が開発され、原発が各地に建設され、化学プラントを含む研究施設は山の奥へと建てられている時代。

今と昔を比べるのはナンセンスだということがわかるでしょう。

水道水は、各地域それぞれに品質が違って当たり前。

だからこそ、水がおいしい所で酒蔵が発達したり、水のきれいな場所だからこその名産が生まれたりするわけです。


水の品質が命の食品やお酒の工場などは、わざわざ水品質の良い地域まで行って工場を建設するくらい、水の品質には各地で差があるといっても過言ではないでしょう。

日本全国どこの水道水も同じなら、どこで作ったお酒もそうめんも米も、大幅に価値を失う事になります。


水道水が安全だというのは、基本的には抵抗力のついた子供や、立派な大人が飲料水として飲んでも問題なし、というレベルです。

赤ちゃんにも全く問題ない、と堂々を胸を張って言えるか?というと、それは疑問です。

今の時代、様々な化学物質が蔓延していますし、東電のような社会的責任のある大企業だけにかぎらず、企業というものは隠蔽体質のオンパレードだという事は、すでに承知ではないですか?


「どうだろう?大丈夫かな、大丈夫・・・だろう」と不安に思って赤ちゃんにミルクを飲ませるよりも、確実に安全な水でミルクを作るほうが、有意義な投資だと思いませんか?

⇒ ママ・プレママ応援プロジェクト


クリクラママになろう!
クリクラ
カテゴリ
リンク集
検索
 
タグクラウド
Copyright © クリクラママの口コミ:クリクラママって・・・なに? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブライダルネットで婚活